月別アーカイブ: 2014年8月

脱法ハーブ作成中!ではありません

シソの葉を乾燥

葉っぱを干しています。
東京近郊の住宅街でこんなことをしていると脱法ハーブを作っていると間違われないかと思いますがこれはお茶を作っているのです。
シソの葉を干しています。
シソの葉茶。
これがさっぱりとしてとてもうまい!のです。
シソの葉があればぜひお試しを。
干してからそのままでも良いですが少しフライパンで煎るともっとお茶らしくなります。
干さないで煮てシソの葉ジュースを作る話を聞いてやってみましたが、お茶の方がおいしいと思いました。
ほんとにさっぱりしたお茶になります。
シソの葉茶と柿の葉茶干し上がったらこんな感じです。
隣は柿の葉を干してみました。
まだ飲んでないのでどんな味かちょっと楽しみです。

今年の庭の作物は不作

DSC_0751今年は糸瓜がいつものようにできません。
棚はまだこのとおり空がすけすけです。
7月末にめずらしく着果した後は雌花が咲かず、8月の中旬を過ぎてやっと3つ着果しました。
それも小さい。
こんなことは初めてです。

ゴーヤもやっと最近実を着けました。
これもまた実が小さい。

唐辛子もちゃんと育ったのは1株。
後は大きくならず情けない有様。
唐辛子
唯一枝豆、7月に入って蒔いた枝豆。
これが結構莢を着けています。
今日穫るには少し早そうでもう少しの辛抱かな。
枝豆

奈良の田舎に帰っていました

8月9日(土)
台風11号接近。
三重県は大雨洪水警報が出され、ついには四日市などに避難勧告が出たちょうどそんな中を車を走らせていました。
名阪国道は雨で通行止め迂回路もところどころ通行止め。
買い物をする余裕もなく東京から奈良の山奥まで13時間掛けて帰り着きました。
持って帰ったポップコーンで1杯。

ポップコーン

8月10日(日)
台風11号が日本海へ通過。
午前中は時折強い風が吹き雨も降っていましたが午後3時頃には雨も上がりました。
雨で断水する心配があったので鍋やらいろんなものに水を溜めました。
そんなことをしながら朝から酒を飲んでしまった。

雨の山

8月11日(月)
朝から畑の雑草取り。
ほとんど畑のことで一日が終わったような気がします。
枝豆、ラッキョウ、ニンニクを収穫。
枝豆は全部腐ってました。ニンニクは土の中でほとんど腐って溶けていました。
ラッキョウはやはり採るのが遅く少し青みがかっていました。
草が意外に少なく、誰かが取ってくれたのかと思ったほどでした。
天気も良くて気持ちの良い一日でした。

_DSC6142

8月12日(火)
畑や外回りの草抜き。
長靴に塩を染み込ませた麻紐を巻いてヒルよけになるかと試しました。
小さなヒルには効果あり。登って来ることができませんでした。
鹿が庭に来るのを見てやろうと餌になる草を置いたりしたところやってきました。
鹿はキクイモの葉が大好きです。余分に蔓延ったキクイモを茎ごと切って置いたところ太い茎のみ残してきれいに食べました。

鹿

8月13日(水)
朝はお墓の掃除。
次女と孫ちゃんが来てくれました。
迎えに行ったり買い物したりですぐに夕方になってしまいました。
合間にコケの写真を撮ったりした。
初めて見たコケ。なんという名前だろう。
マルフサゴケというのかもしれない。

コケ

8月14日(木)
お坊さんが来て兄の13回忌のお経を読んでもらう日です。
午前中に孫ちゃんたちと墓参り。
午後は畑のジャガイモ掘りをしてお坊さんの来るのを待っていました。
ハート型のジャガイモが出てきて孫ちゃん大喜び。
ジャガイモ掘りと法要の一日といったところでした。

ハート型のジャガイモ
8月15日(金)
これが62回目の誕生日のドローイングです。
孫ちゃんは川に行きたくて仕方ありません。
水はとても冷たくて足を浸けるくらいしかできません。
それでも納得してくれました。
次女が風呂焚きに挑戦。
自分は鹿を獲るくくりわなの設置を練習しました。
夜は花火。
鹿もやってきました。

くくりわな

8月16日(土)
ゆっくり過ごせる最後の一日。
孫ちゃんはやっぱり川に行きたい。
川に行ってまた足を浸けるくらいでしたが満足して帰りました。
かまきりと遊んだりカナブンと遊んだりで退屈しないようでした。
収穫したばかりのラッキョウとニンニクをまた植えました。これであまりよく出来ないようならあきらめます。
夜は鹿が来るのを待とうと思いましたが大分疲れも溜まってきているので適当に切り上げました。目では見ましたが写真には撮れませんでした。
今回は星をきれいに見ることができませんでした。
雲が流れる間から時折見える程度でした。

雲の掛かった星空

8月17日(日)
片付けをして帰る日。
村の人に野菜をみやげにいっぱいもらいました。
畑で採れたジャガイモとくずのようなニンニク、少し青みがかったラッキョウ、もらったおいしそうなトマトや野菜を車に積みました。
今度は11月に帰りますと挨拶して村を後にしました。

朝の山

糸瓜の雌花が萎れるのはなぜ

DSC_9942青空に糸瓜の花が咲いている夏らしい写真です。

しかし、今年の糸瓜は少し変です。
雌花が大きくなって咲きそうになっても萎れてしまいます。
今ごろは雌花が大きくなって咲き、いくつかは結実するころなんですけど。
現在、狂ったように早く着果した一つのみ。

別のプランターのゴーヤもまったく雌花が咲きません。