田舎で狩猟のことなど-3

 

20日の19時頃に着いて掃除などしてその日はちょっと酒を飲んで寝るだけ。
21日は霜の降りる寒い朝でした。
霜のついた唐辛子辺り一面霜で白くなっていました。
今日は鹿を獲るためにワナを仕掛けるんだなあと思いながら枯れた草の中に生えている唐辛子や生姜を見ました。
いつもならこの囲われた小さな畑の事を一番に思うのですが今回は丁寧に出来ませんでした。
霜の降りた畑昨年は柚子がまったく出来なかったのに今年はよく成りました。
柿は今年も駄目でした。カメムシがついて実を全部落としたと聞きました。
その年その年、一様ではありません。
柚子帰りがけに村の人によく鹿を獲ってくれた。もっと獲って欲しいと言われました。
都会で動物愛護を語る人、人と動物の数のバランスが崩れて動物と共生しようにも出来ない村人。
自分の手で鹿を殺していろいろ考える帰省になりました。
_DSC8478椿がきれいに咲いていました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です