アンドレアス・グルスキー展を見てきました

アンドレアス・グルスキー展にてデジタル処理で写真を思うように作り直す。
だから写真というより絵画に近くなっている。
ミニマルな構成の作品が面白く思えた。

川面の写真のハイライト部分をデジタル処理で強調したバンコクというシリーズはどれも抽象画のよう。
南極や海を撮った衛星写真を使った作品。
「99セント」というディスカウントショップや確か「福山」という牛舎を撮った写真を再構成した作品は写真でありながら本来の一瞬を切り取った写真ではなくなっている。

しかし、会場を出て撮ったこの写真。
老人が二人何を立ち話しているのか。
面白い写真が撮れました。


アンドレアス・グルスキー展を見てきました」への2件のフィードバック

    1. ueda 投稿作成者

      自分でも良くできた写真に思ってました。
      グルスキー展の延長みたいな感じだし、それのこの老人二人がね!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です