1月は悲しいことがありました

1月31日に45年ほどの付き合いだった友人が亡くなりました。
昨年の暮れに看病している人から連絡があってもう長くないという話を聞かされました。
そして開けて7日の夜に本人から電話がありました。
40分ほど話をしたのでそんなにすぐにと言う話は違うだろうと思いましたがどうやら残る力を絞って電話してきたようでした。
9日に見舞いに行くことにして新幹線に乗って大阪まで。
ホスピスに移ったばかりで行った時はちょうど風呂に入れて貰っていました。
別れるときはエレベーターの前まで送ってくれて、その時の笑顔が最後になりました。

ぼやぼやしていたら3月も半ば

このブログの更新もなかなかのことになっています。
どうしてもすぐに反応があるフェイスブックに時間を取られてしまいます。
フェイスブックは友達だけの限られた人しか見えない設定にしています。
だからお友達が14、5人も見たらそれで終わります。
このブログは長い時間を掛ければ何百という人が見てくれるかもしてません。
フェイスブックやツイッターは、今、この時に見て実際に会っていない人からでもすぐにコメントが貰えるのでネットの世界に現実味が生まれるから良いのかもしれません。

花びらをいっぱいに広げて咲いているスノードロップ。
これがこの花の最後です。

この後すぐに花は萎れてしまいました。


エンドウの花。
今年は早くから咲いています。
大きくなるのも早いです。

ヒメオドリコソウ。
寒い寒いと言っていても季節はどんどん春になっています。
地面に近いところでも花が満開です。

糸瓜を採りました

天気予報でこれから12月並みの寒さが来るというので来週にしようかどうしようかと迷っていたへちまの収穫を今日にしました。

へちま棚

へちま棚

燦然と輝く糸瓜棚。
今年は出来が悪く実が着果したのも9月になってからでした。
いつもなら実が軽くなるまでぶら下げておくのですが、今年はまだずっしりと重い状態でした。

太長へちま

太長へちま

始めに着果しました。
連続して着果すると普通どちらかが大きくならず萎んでしまうのですがこれは両方とも大きくなりました。
右の大きい方が長さ58センチ。
左が52センチ。

六尺へちま

六尺へちまという品種です。
9月中旬に着果しました。そこそこ大きくなってくれました。
長さ85センチ。

へちま

全部で4本です。

 

へちまを水に漬ける準備

水に漬ける前にへちまの表面を薄く削るようにして取っています。
そのままだと水を弾いてなかなか腐ってくれません。
今回はさらに全体に小さな穴が空くよう軽く突いてみました。

へちまを水に漬けています

水に漬けました。
腐るまで2、3週間は掛かると思います。

今日は文化の日。

自宅上空を飛ぶ自衛隊機今日は文化の日。
戦後に日本国憲法が公布されて70年ということです。自衛隊機
そしてまた今日は同じ沿線にある自衛隊入間基地で航空祭が開催中。
写真は 先々週に自宅上空を飛んでいた自衛隊機。
実戦で飛んで行く日もそう遠くないかもしれません。
Fなんとかとか航空自衛隊機を見たい人は西武池袋線入間駅で降りて入間基地に走りましょう。

飛行機の飛ぶ音か我が耳鳴りか見上げてみれば天高き空

なんて(笑)。

種蒔き中にハエトリグモ

キヌサヤなどの種蒔きをしていたら小さなクモが。ミスジハエトリ

肉眼ではよくわかりませんがたぶんハエトリグモかと。
ミスジハエトリカメラで撮ってみることにしました。ミスジハエトリちょろちょろ動くのですが、手に乗ってきました。ミスジハエトリ撮った画像を見るとやはりハエトリグモでした。
たぶん、ミスジハエトリと思います。