« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月27日

11月27日の糸瓜

糸瓜は葉もだいぶ痛んできました。写真の実は長さ24センチ、太いところの直径は6センチになっています。この寒さの中でも少しずつですが大きくなっているようです。



水に漬けた糸瓜は水が冷たいのでなかなか腐りません。2週間経ってもまだ少ししか皮が剥がれない状態です。繊維がしっかりしているかどうか心配でしたがその点は問題なく、糸瓜たわしになるには十分のようです。



筆づくりのための蔓は繊維の部分のみを残してだいぶきれいになっています。こちらももう少し水に漬けておきます。

投稿者 owsui : 14:50 | コメント (0)

2005年11月20日

糸瓜の蔓で筆づくり


10月23日に水に漬けた蔓はほぼ筋のみになりました。枯れてから水に漬けたもの(写真の下)は少し汚れが付いてしまっています。筋もきれいにばらけません。切ってすぐに漬けた方(写真の上)はきれいに筋が残り筆にできる予感がします。予想に反して切ってからすぐに水に漬けるのが良さそうです。もう少し水に漬けてきれいにしてみます。

投稿者 owsui : 18:56 | コメント (0)

2005年11月19日

11月19日の糸瓜

寒さも増して糸瓜の葉も風が吹くと乾いた音を出しています。今年は枯れるまで様子を見てみることにします。


屋根の上に小さい実が連なっているのと棚にも一つ15センチくらいの実がぶら下がっています。
糸瓜の種は地温が25度以上にならないと発芽しないと栽培の参考書にも書かれているとおり成長には気温の高さが必要ですが、この寒くなった11月でもまだ花が咲いているところをみるとそう寒さに弱いということもなさそうです。

投稿者 owsui : 08:51 | コメント (0)

2005年11月13日

11月13日の糸瓜


まだ採っていない残る一つの糸瓜。黒く変色しはじめたので今日採ることにしました。


9月のはじめに着果したものです。繊維がしっかりしていないかもしれません。


屋根の上で小さい糸瓜の実が連なっていました。

投稿者 owsui : 12:37 | コメント (0)