« 2006年07月 | メイン | 2006年09月 »

2006年08月27日

二つ目の糸瓜

8月24日に二つ目の雌花が咲く。

これは8月13日に咲いて着果した一つ目の糸瓜。長さ45センチ、太さ9センチになる。蔓の延びるのも激しいが糸瓜の実の大きくなる早さにも驚かされる。

24日に受粉させた雌花も長さ13センチになっている。棚からぶら下がる2本目の糸瓜になるだろう。

有望な雌花がいくつか数えられるようになった。予想したように8月も終わりに近づいて雌花が続けて咲きそうである。9月になると収穫が10月も半ば過ぎになり、水も冷たくなり糸瓜を腐らすのに時間がかかる。早く咲いてくれればと思う。

投稿者 owsui : 12:21 | コメント (0)

2006年08月20日

糸瓜の実がぶら下がる

8月13日に受粉させた雌花が着果する。
長さ25センチ、太さ5センチになった。

この他にまだ咲きそうな雌花は見当たらない。
追肥を施してみることにする。一鉢に一握りほどの化成肥料を入れる。チッソ8、リンサン8、カリ8の割合の化成肥料。

投稿者 owsui : 12:03 | コメント (0)

2006年08月13日

糸瓜の雌花が咲いた

大きな雌花を見落としていたらしい。今朝咲いているのを見つける。もっと遅くなると予想していたが昨年より3日遅れで最初の雌花が咲いた。雄花を取って受粉させる。
追肥は他の雌花が咲くまでもう少し待つことにする。
蔓は激しく延びている。

投稿者 owsui : 14:06 | コメント (0)

2006年08月11日

雌花が連続して付く

糸瓜の蔓の枝分かれが進み、棚は葉で覆われてきました。どの蔓の先端部にも雌花が連続して付いています。


根元から棚までの間でも蔓が枝分かれして出て来ますがこれは切って整理します。

投稿者 owsui : 09:51 | コメント (0)

2006年08月07日

糸瓜に雌花が付く

やっと小さい雌花が付き始める。今年は昨年に比べて1週間から10日遅い。山では春に咲いた紫式部が2度咲きしていたり、お隣の鈴虫が本格的な夏になる前の梅雨の合間に鳴き始めたり、天候が不順。この調子だと雌花が咲くのは今月下旬になってからかも知れません。

投稿者 owsui : 21:26 | コメント (0)