« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月30日

秋雨に濡れる糸瓜

昨日から少し冷たい雨がしとしとと降っています。
9月16日に咲いた雌花は長さ44センチ、太さ8センチの実になってぶら下がっています。糸瓜の実は大きさが決まってくると縦に入る筋が窪んではっきりします。この糸瓜の実はまだ滑らかです。まだまだ大きくなるはずです。

28日に採った糸瓜です。みそ汁の具にして食べました。柔らかいというより、とろけそうな感じの食感です。
今頃から実を大きくしても繊維がしっかりしないので糸瓜たわしになりません。毎年今頃できる実は胡瓜ぐらいの大きさになったら採って食用にしています。

投稿者 owsui : 10:00 | コメント (0)

2007年09月23日

糸瓜の収穫

20日に糸瓜を2本収穫しました。柄の部分が黒く腐ってきたので採ることにしました。

写真上の糸瓜は7月31日に咲いた雌花が着果したもので長さが48センチ、太さが8センチです。
下は7月29日に咲いた雌花のもので長さが54センチ、太さ12センチです。これが今年一番の大きさになりそうです。

早速水に漬けます。糸瓜の表面を櫛などを使い軽く擦って傷を付けます。

9月23日、今日の糸瓜棚です。小さいのも含めて8本ぶら下がっています。

投稿者 owsui : 21:39 | コメント (0)

2007年09月16日

9本の糸瓜

糸瓜棚に今朝も一つ雌花が咲きました。
棚にはもう収穫出来るものからまだ胡瓜くらいの大きさのものまで9本の糸瓜がぶら下がっています。
10月いっぱいまで糸瓜にがんばってもらうとして今日から45日。雌花が咲いて着果してから収穫まではすくなくとも45日くらいが必要です。今朝咲いた雌花は着果したとしてぎりぎり糸瓜たわし用に収穫出来るかどうかというところでしょう。

写真は8月24日に着果した糸瓜です。長さ45センチ、太さ10センチになっています。

投稿者 owsui : 09:15 | コメント (0)

2007年09月08日

鶯酔庵の糸瓜棚は無事でした

こんどの台風は中部地方以北に被害をもたらしましたが、幸い鶯酔庵の糸瓜棚にはほとんど被害はありませんでした。

今年はどの株の蔓か分かりやすくしようということで蔓に目印を付けていましたが、その蔓に付けた目印が災いしたようで蔓の生長が鈍くなってしまいました。先週にはほとんどその蔓に巻いていた目印を取りましたが遅かったようです。今年の糸瓜の出来はよくありません。ぎりぎり15日までの着果を待つことにします。その後は、食用にします。この頃からはたくさん出来るのですが、たわしにするには実が熟しません。

しかし、蔓にテープで作った輪を付けると蔓の生長が遅くなるというのは、逆に生長を遅らせたいときに使えるのではないかと思います。何度かやってみて実証されればの話ですけど。ひょっとしたら、他の植物でも同じ結果が出るかもしれません。

投稿者 owsui : 18:34 | コメント (0)

2007年09月06日

糸瓜棚に台風接近

関東地方を直撃するコースで台風が近づいています。
台風9号フィートウは鶯酔庵の糸瓜棚に今晩夜中に最も接近するようです。
直撃されたらというか、今22時近くですがすでに時々強い風が吹いていますので、被害は免れないでしょう。前にもやはり台風の風で葉が茎から折れてボロボロになりました。着果したばかりの実は脆いので茎から折れることもあります。
心配は糸瓜棚だけではありません。我が家は中古住宅で、雨漏りがするのです。30分ほど前、ついにぽたっときてバケツの登場です。私にとっては昔懐かしいと言えば言えるのですが、今でも少し緊張感のある家に住んでいるのです。しかし、雨漏りの後を指さして、大丈夫と言った売り主には今になっても「嘘つき!」と口から出るのは仕方ないですよね。近く天井を引っぱがして見ることにしています。
台風接近で被害が出ているようです。糸瓜棚や雨漏りの心配どころではありません。

投稿者 owsui : 21:39 | コメント (0)

2007年09月03日

蔓の伸び方に影響した印

はやくも9月。
7月の終わりに着果した糸瓜はご覧の通り、大きな糸瓜になりました。

今年は蔓に印を付けてどの蔓がどの株のものか分かりやすくしようと思って、ビニールテープを輪にして蔓に付けましたが、それは蔓が伸びるのを妨げるものだとわかりました。
特に蔓の先端部に付けると蔓の伸び方が目に見えて遅くなります。テープの粘着部分は着かないように蔓より大きめの輪を作ったのですが、生長に大きく影響しました。

投稿者 owsui : 22:49 | コメント (0)